次世代ビジネス推進室
室長
(2006年入社 昭和55生)
小出 将寛 

エコドライブを普及・浸透させ、世界から交通事故をなくしていく

当社で広義のエコドライブ(人にも環境にも優しい運転)に関わる事業は2つあります。乗用車向け『エコドライブ事業』、輸送事業者向けやトラック協会など大規模な活動の支援を行う『物流コンサルティング事業』です。この2つの事業が連携することで、エコドライブに取り組む企業や個人はもちろん、社会レベルで車の運転を楽しみながらCO2排出量や交通事故を低減していくという“うれしい効果”を生み出していけると考えています。
私が所属する次世代ビジネス推進室は、主に乗用車を利用する企業や官公庁、自動車メーカー向けに多種多様な活動を展開しています。
具体的な業務内容としては、乗用車向けのエコドライブ推進コンサルティングや、自治体や企業などが主催する座学セミナーやエコドライブ実技講習会の講師、収集した燃費データを活用した研究的事業、小中学校などへのエコドライブ出張事業などを進めてきました。
私自身が現在注力しているのは、エコドライブをテーマとした自動車メーカーのアプリ向けコンテンツの企画・開発や、自動車販売店を対象とした支援などです。エコと楽しさを両立しながら「自動車文化のこれから」を作るつもりで各業務を担当しています。

技術的な情報と併せて、実は人と人との想いをつなぐお仕事です

次世代ビジネス推進室に所属するメンバーは、現在8名です。新卒1年目の新人社員も、セミナーのアシスタントや、受託している公的なプロジェクトの運営事務局業務などで活躍しています。その一方で、実際に運送会社のコンサルティングの場にも参加し、エコドライブについての実務的な知識・経験も身につけてもらうようにしています。
実際のドライバーの方たちが、どんな理由でエコドライブに抵抗を感じるか、何を求めているのかということを肌で感じることで、今後セミナーで講師を務める際に説得力ある話が展開できるようになるんですね。
私たちは、日本自動車工業会などを通してエコカーやエコドライブに関する最新の技術情報を収集できる環境にあります。コンサル現場などではそうした情報を楽しく伝える一方、経営者の方と現場の方たちとのコミュニケーション改善に向けての努力を続けるといった、根気の要る作業を続けることで、エコドライブを推進しています。

自分の力で世界を変える!!
そんな夢に向けて歩む楽しさを大切にしていきたい。

個性を生かし本気で仕事が楽しめる環境を実現

私自身は、もともと小説家志望だったんですが、一方で、クルマと燃費の関係にも関心があり、自分でExcelを使って色々な燃費表などを作っていたんです。そんな時にアスアのことを知り、興味を覚えたんですね。
実はしゃべること自体にはそれほど関心もなく、入社時には「お前にはコンサルは無理だ」と言われていたんですが、社内でいろいろ自分の興味・関心に従って自由に活動させてもらううちに、いつの間にかチームの責任者として仕事を采配する立場になっていました。
当社は個性溢れる人たちが、それぞれ自分らしく活躍できる場をどんどん開拓できる自由な社風を特徴としています。
当社のトップ自らが、新しい世界にどんどん積極的に飛び込んでいき、ここ数年は、ニューヨークの国連本部で「エコドライブ推進」に向けた国際会議を開催するまでになりました。そんな環境だからこそ、私たち社員一人一人が自立して新しい仕事を開拓し、本気になって仕事を楽しむことができているのだと思います。

学生へのメッセージ

よく企業の採用ページには「求める人材像」などが記載されています。私自身の若い頃を振り返ってみると、そういう人物像とはおそらく真逆のポジションにいたと言えます。でも、今はこの会社で働くことが本当に楽しく、充実した毎日を過ごさせてもらっています。
当社は、自分が積極的に仕事を楽しみたい、自分はこんなことをしてみたい、という気持ちをもつ人には、とても楽しく仕事ができる環境にあると思います。
自分にぴったり合う仕事、自分が本気になって取り組める仕事に出会うのは、なかなか難しいと思います。でも、どうしたら自分が楽しく仕事ができるのかは、真剣に考えてみた方が良いのではないでしょうか。
仕事を真剣に楽しめるかどうかは、企業が用意できるものではなく、やはり自分で見つけていくしかありません。自分にとって、やりがいのあるテーマを持てる会社かどうかを、しっかりと見極めてください。

詳しい求人内容、エントリーはこちら

求人/概要エントリー
Copyright 2018 株式会社アスア採用サイト