和田和田

株式会社アスアは、経済産業省が推進する「GXリーグ」へ参画いたしましたのでお知らせします。 GX(グリーントランスフォーメーション)リーグは、2050年のカーボンニュートラル実現に向け、持続的な成長実現を目指す企業が、同様の取り組みを行う企業や官公庁・学術機関と協力し、温室効果ガス排出量削減と経済成長の両立による経済社会システム全体の変革を目指す場として設立されました。 当社では、サステナビリティ基本方針として、環境・社会の課題解決に向け、お客様・取引先・地域社会と連携し、最適な技術・サービスで貢献していくことを掲げております。特に、環境にやさしい運転である「エコドライブ」の推進については、物流事業者に特化したコンサルティング事業やエコドライブポータルサイトReCoo(レクー)の運営、国連本部でのエコドライブカンファレンスの開催、エコドライブ宣言の発行などを積極的に実施し、CO2排出量の削減に取り組んできました。 こうした当社の取り組みは、「GXリーグ」の考えと一致するものであり、「GXリーグ基本構想」への賛同の意を示すとともに、同リーグに正式に参画することを決定いたしました。 当社がこれまでの物流コンサルティング事業で培ったノウハウを最大限に活かし、今後もカーボンニュートラルの実現や持続可能な社会の実現に貢献してまいります。   (参考)経済産業省GXリーグ基本構想 https://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/global_warming/GX-league/gx-league.html

アスアが運営業務を受託している「2023年度エコドライブ活動コンクール」の参加団体募集が、5月9日(火)より公式ホームページにて開始されました。 「エコドライブ活動コンクール」とは、エコドライブ活動を行なう様々な応募事業者の中から優れた取組みを行っている事業者および団体を表彰し、その取組み内容を紹介することで更なる普及を図っています。2011年以来、延べ5,000社以上、15,100を超える事業所からご応募をいただいており、今年で13回目を迎えました。 同コンクールはエコモ財団が主催するだけでなく、警察庁・経済産業省・国土交通省・環境省からなるエコドライブ普及連絡会にも後援をいただいております。   【2023年度エコドライブ活動コンクール】 ・募集期間 2023年5月9日(火)~7月7日(金) ・募集対象 事業部門(主に緑ナンバー): 自社の車両を保有(リースを含む)する、トラック、バス、タクシーなどの運輸事業者。 一般部門(主に白ナンバー): 移動などの業務上で車両を使用している事業者。自社の製品等を運搬している場合を含む。 支援ビジネス・ユニーク部門: メーカー等の企業によるエコドライブを支援する機器やサービス。 運輸事業部門での脱炭素やカーボンニュートラルに向けた実施策など。 さまざまな主体が実施するエコドライブに関する独自の取組み。 ・表彰 各部門で最も優秀な取組をしている事業者・団体様には、 大臣賞や審査委員長特別賞の授与を予定しております。 事業部門:国土交通大臣賞 一般部門:環境大臣賞 支援ビジネス・ユニーク部門:審査委員長特別賞 共通:優秀賞、優良賞 詳細はコンクール公式ホームページをご覧ください。 公式HPでは、第一回開催から過去全ての「優秀取組事例集」も公開しております。 事例集は、優秀なエコドライブの取組み事例を普及する目的で、その年に受賞された事業者の取組みをまとめた冊子です。 エコドライブ活動コンクールの参加事業者には、参加特典として皆様に参加年度の事例集をお送りしております。是非みなさまのエコドライブ活動にお役立てください。 「優秀取組事例集」一覧はこちら   アスアは20年以上に渡りエコドライブ推進事業を行なっており、アスアが有するエコドライブの知識やノウハウを活かして、同コンクールの運営を受託いたしました。 また、アスアは1998年に物流コンサルティング事業をスタートして以来、ニューヨークやパリで「国連エコドライブカンファレンス」を行なうなど、精力的にエコドライブの普及に取り組んでおり、コンサルティングを通して実際に物流企業様の燃費を良くするだけでなく、エコドライブを広く普及させるための重要な事業としてコンクールやシンポジウムの運営にも取り組んでいます。   2023年度のエコドライブ活動コンクールは2023年7月7日(金)まで募集を受け付けております。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。   ≫ASUAへのお問い合わせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 ゴールデンウィークの休業は以下の通りとさせていただきます。 ※網掛け部分が休業日となります。 引き続き、何卒宜しくお願い申し上げます。